公募展に関して

現在募集中の公募展はこちら

気になった方はタイトルをClickして詳細を確認

第146回公募展 / ぽかぽか春の物語

会期:2024年5月25日(土)〜6月2日(日)
一次締切:4月25日 / 最終締切:5月19日

第147回公募展 / 鉄道-四季景色-vol.13

会期:前期 2024年6月15日(土)〜6月23日(日)
申し込み受付終了しました

会期:後期 2024年6月29日(土)〜7月7日(日)
申し込み受付終了しました

第148回公募展 / 谷根千動物園 vol.11

会期:2024年7月27日(土)〜8月4日(日)
一次締切:6月27日 / 最終締切:7月21日

第149回公募展 / カンカン夏の物語

会期:2024年8月17日(土)〜8月25日(日)
一次締切:7月17日 / 最終締切:8月11日


「テーマに沿って作品を募集」

毎回、特定のテーマに関連する作品を募集しています。テーマに沿った作品を展示することで、一体感やコンセプトの統一を図っています。またそれぞれの作家の個性を引き立たせます。

「審査がなく先着順」

作品の審査を行わずに、応募が先着順で受け付けられます。つまり、作品を早めに応募することで、展示の機会を得ることができます。作家自らがいいと思ったものが発表でき、最大限個性を発揮できる場を提供します。

「写真、絵画など作品のジャンルを問いません」

作品のジャンルに制限を設けていません。写真、絵画、書、造形など、どんな形式の作品でも歓迎です。来場者に楽しんでもらい、それぞれの作家の個性を引き立たせましょう。

「主催者が設営します」

展示の準備や設営については、主催者が行います。作品の配置や展示方法などは主催者が決定し、参加者は開催初日にギャラリーの空間、他の作品を知ることになります。作品を展示するための負担を軽減し、多くのアーティストに参加の機会を提供しています。

「手軽な参加費」

参加費は手頃な価格で設定されています。作品を展示するための負担を軽減し、多くのアーティストに参加の機会を提供しています。
※1点¥6,000-〜

「在廊の必要なし」

ぎゃらりーKnulpでは、作品の展示中に在廊する必要はありません。参加者は自身のスケジュールに合わせて自由に行動できます。作品を展示するための負担を軽減し、多くのアーティストに参加の機会を提供しています。

「デジタル出力サービス」

デジタル作品の場合、ぎゃらりーKnulpではデジタル出力サービスを提供しています。アーティストは作品をデジタルファイルとして提出し、ネット経由で作品を搬入することができます。これにより、遠方からの参加者やデジタルメディアを扱うアーティストにも参加の機会があります。

「オンライン決済可能」

ぎゃらりーKnulpでは、参加費や展示費などの支払いをオンラインで行うことができます。PayPal、銀行振込などのオンライン決済方法を利用することで、手続きが簡便化され、遠方に住んでいるアーティストも簡単に参加することができます。

「フレームレンタル無料」

写真作家向けのサービスとして、フレームレンタルを無料で行っております。参加費+出力代の¥7,000-で参加できます。遠方に住んでいるアーティストも簡単に参加することができます。
※サイズはワイド四切のみです。

SNS

フォローよろしく!!
  • Twittar  Facebook  instagram